2021.03.12
BATIC(国際会計検定)とは英語力と会計処理能力を評価する試験

BATIC(国際会計検定)は英語を用いた簿記・会計の検定試験です。

日商簿記などで有名な商工会議所が主催しており、例年1,500~3,000名が受験しています。

この記事ではBATICについて、会計に関する資格であるIFRS検定やUSCPAとの違いや、BATICを取得するメリットについて解説します。

BATIC(国際会計検定)とは

BATIC(読み:バティック、国際会計検定)とは東京商工会議所が主催する英語を用いた簿記・会計の検定試験です。

BATICはBookkeeping and Accounting Test for International Communicationの略です。

IFRS検定との違い

BATICに似た検定試験にイングランド・ウェールズ勅許会計士協会が主催するIFRS検定(国際会計基準検定)があります。

BATICとIFRS検定は国際会計基準の広範な知識と理解力を図る試験という点で同じです。

IFRS検定は日本語でも受験できるのに対し、BATICは英語でしか受験できません

そのため、BATICには英語力が必須です。

USCPAとの違い

アメリカの公認会計士資格であるUSCPAも財務会計(FAR)の分野で試験内容が重なる部分があり、試験は英語で行われます。

USCPAの試験科目は、BATICの試験内容にはない

  • 「諸法規」(REG)
  • 「監査および諸手続き」(AUD)
  • 「企業経営環境・経営概念」(BEC)

が試験内容となっている点に違いがあります。

したがって、USCPAの方がBATICよりも難易度が高いと言えます。

BATICを取得するメリット

次に、BATICを取得するメリットには、

  • IFRSに対応する会計知識を習得できる
  • 英語力のアピールになる

の2点が挙げられます。以下で解説します。

IFRSに対応する会計知識を習得できる

BATICの試験内容はIFRS(国際会計基準)に準拠しています。

BATICを取得することで、IFRSに対応する会計知識を取得できます。

英語力のアピールになる

BATICの試験は英語で行われます。

BATICを取得すると会計知識を英語で扱える英語力の客観的なアピールになります。

BATICの試験概要

ここからはBATICの試験について、

  • 受験資格
  • 試験内容
  • 受験料
  • 受験日
  • 出題内容
  • 各スコアのレベル

を解説します。

受験資格

受験資格は特になく、誰でも受験できます

試験にはSubject1と2があり、Subject2のみを受験する場合は過去にSubject1で320点以上(アカウンタントレベル)を取得していることが条件です。

申込登録の際に同レベル取得時の証書番号が必要です。

試験内容

試験科目は、

  • Subject 1(英文簿記) :400点満点
  • Subject 2(国際会計理論):600点満点

の2科目です。

合計1,000点満点です。

Subject1で320点以上を取得した場合には、以後の試験においてSubject 2のみを受験することもできます。

試験問題は、

  • マークシートによる選択式問題
  • 記述式問題

の2つから構成されています。

問題は英文で出題され、記述式問題については解答も英文で行う必要があります。

試験時間は、

  • Subject1:1時間30分
  • Subject2:2時間30分

です。

受験料

10,340円

  • Subject1のみ受験:5,500円
  • Subject2のみ受験:8,140円

受験日

試験は年2回(7月、12月)実施されています。

出題内容

BATICの試験で出題される内容は以下の通りです。

Subject1(英文簿記)

  • Basic Concepts of Accounting and Bookkeeping:会計と簿記の基本概念
  • Transactions and Journal Entries :取引と仕訳
  • Journal and Ledger :仕訳帳と元帳
  • Trial Balance:試算表
  • Adjusting Entries:決算修正仕訳
  • Accounting for Inventory and Cost of Sales:棚卸資産と売上原価の会計処理
  • Worksheet and Closing Entries:精算表と締切仕訳
  • Financial Statements:財務諸表
  • Basic Assumptions and GAAP:基本的な前提とGAAP
  • Financial Statement Analysis:財務諸表分析
  • Internal Control:内部統制
  • Cash Control:現金管理

Subject2(国際会計理論)

  • International Financial Reporting Standards and its Conceptual Framework:IFRSとその概念フレームワーク
  • Financial Statements:財務諸表
  • Fair Value Measurement:公正価値測定
  • Cash and Trade Receivables:現金と売上債権
  • Inventories:棚卸資産
  • Property, Plant and Equipment:有形固定資産
  • Intangible Assets:無形資産
  • Impairment of Property, Plant and Equipment and Intangible Assets:有形固定資産および無形資産の減損
  • Lease:リース
  • Financial Assets:金融資産
  • Financial Liabilities:金融負債
  • Provisions, Contingent Liabilities and Contingent Assets:引当金、偶発負債および偶発資産
  • Equity:資本
  • Revenue Recognition:収益認識
  • Employee Benefits:従業員給付
  • Income Taxes:法人所得税
  • Statement of Cash Flows:キャッシュ・フロー計算書
  • Business Combinations / Consolidated Statements:企業結合と連結
  • The Effect of Changes in Foreign Exchange Rates:為替レート変動の影響
  • Accounting Policies, Changes in Accounting Estimates and Errors:会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬
  • Earnings per Share:1株当たり利益
  • Interim Financial Reporting:期中財務報告                          
  • Operating Segments:事業セグメント

各スコアのレベル

BATICのスコアのレベルは以下の通りです。

スコア 称号 参考数値 認定期間
880~1,000 コントローラーレベル 日商簿記1級程 3年
700~879 アカウンティングマネジャーレベル 日商簿記2級程 3年
320~699 アカウンタントレベル  

日商簿記3級程

なし
200~319 ブックキーパーレベル
0~199 なし

CONSULTANT

アガルートキャリア アガルートキャリアは、弁護士・経営人材専門の転職エージェントです。弁護士や法務などのリーガル領域、ファイナンス、マーケティング、事業開発、人事など専門性の高い経営人材のキャリア支援を行っています。

弁護士経営人材専門
非公開求人
ご提案します

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle

関連記事

弁護士経営人材専門
非公開求人
ご提案します

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle