転職ノウハウ2021.12.23
「経理は転職しやすい」と言われる理由

さまざまな職種のなかでも、「経理は転職しやすい」といわれることがあります。

経理が転職しやすい理由はいろいろとあります。転職する際にその理由を理解しておけば、より有利に転職活動を進められるでしょう。

この記事では、転職を希望している人に向けて、経理が転職しやすい理由や転職のコツを解説します。

INDEX

経理とは

そもそも経理とは、企業のお金を管理する仕事です。

企業がビジネスを進めるなかで日々発生するお金の流れを把握し、帳簿にまとめます。

定期的に決算書を作成するのも経理の仕事のひとつです。実際にお金をやり取りする場面も多くあります。

経理の転職事情

経理の転職事情はどのようになっているのでしょうか。ここでは、経理の転職事情について具体的に解説します。

事務職のなかでも人気が高い

転職市場では事務職の人気が高いです。

経理も事務職の一種ですが、そのなかでも経理は特に人気があります。

経理への転職を希望する人は多いため、内定を勝ち取るには専門性をアピールして差別化しなければなりません。

転職でスキルアップを目指すケースが多い

経理の場合、転職によりスキルアップをしようとする人が多いです。

特に、30~40代で既に経理を担当している人は、自分のスキルをさらに高める目的で転職活動に取り組んでいます。

転職市場に求人が出回りにくい

経理は専門性が高く、求人の条件も細かく決まっています。

そのため、マッチする候補者がいればすぐに定員が埋まります。

決算の時期は経理の繁忙期となり、転職市場に求人があまり出ません。

未経験から経理を目指す人も多いですが、競争率が高いため簡単には内定を獲得できないでしょう。

待遇がいい求人が多い

経理は企業にとって重要な仕事であり、高い年収を設定している企業も少なくありません。

また、経理の給料は年齢によって大きな差が出にくい傾向もあると言われます。

そのため、どの年代で転職しても待遇がいい場合が多いです。

経理職が転職しやすいと言われる理由

一部で「経理は転職しやすい」と言われる理由について解説します。

経理はどの企業でも必要だから

業界を問わず、経理はどの企業にも設けられている職種です。

そのため、すべての企業が転職先の候補となります。

転職先の選択肢の幅が広いため、自分の希望にあう転職先をみつけやすいです。

専門知識が必要だから

ほかの事務職とは異なり、経理は専門知識が求められる職種です。

専門知識がない場合、即戦力としての活躍は難しくなります。

しかし、専門知識をアピールできれば選考の際に評価されやすくなります。

資格がアピールにつながるから

経理は専門性が高く、資格を取得していると自分の知識やスキルを証明するために役立ちます。

たとえば、簿記の資格があると、経理に必要なスキルを客観的にアピールできます。

その結果、採用につながる可能性も高いです。

実績をアピールしやすいから

一般的な事務職は具体的な実績を示しにくいため、選考においてもアピールしにくいです。

経理の場合、自分が対応可能な業務を伝えれば、アピールにつながります。スキルのレベルも適切に判断してもらえます。

経理の知識はほかの業務でも役立つから

経理は企業のお金を管理するプロです。

経理で身につけた数字に関する知識は、ビジネスを進めるうえで幅広く役立てられます。

経理からキャリアチェンジを希望する場合も、イメージどおりの転職を成功させやすいです。

人柄を重視されるケースも多いから

経理は事務職であり、自ら利益を生み出す仕事ではありません。

そのため、実績や実力以上に人柄を重視して採用活動を行っている企業も多いです。

社内でスムーズに働けるというイメージを与えられれば、多少経験が浅くても採用される可能性があります。

長く働ける特徴があるから

経理の仕事には、一定の流れやルールがあります。

ライフスタイルが変化しても実績を重ねやすく、長く働きやすいです。

実績を積みやすいため、転職活動でも不利になりません。たとえば、育休を取得してもスムーズに復帰できます。

経理は女性でも転職しやすいといわれる理由

経理の場合、性別を問わず転職しやすいです。

ここでは、経理が女性でも転職しやすいといわれている理由を解説します。

体力的な負担が少ない

経理は、基本的にデスクワークで仕事を進めます。

体力を使う場面はあまりありません。

男性よりも一般的に体力が少ない女性にも、経理は働きやすいということがイメージしやすいでしょう。

産休や育休をとっても復帰しやすい

すでに触れたとおり、経理の仕事の流れやルールはある程度決まっています。

ほかの人と連携して業務を進めやすいため、さまざまな場面で協力が可能です。

たとえ産休や育休を取得しても、計画的に業務を進めやすくなっています。

業務のスケジュールがはっきりしている

経理の仕事は月単位や年単位で決まっており、繁忙期と閑散期がはっきりわかれています。

あらかじめ忙しい時期とそうでない時期を把握できるため、プライベートの予定も計画的に立てやすいです。

年齢に関係なく活躍できる

経理には専門性が必要な分、年齢を重ねても転職で不利になりにくいです。

年齢が高くて豊富な経験がある人は、むしろ評価される傾向があります。

経理経験者が経理以外に転職するなら

経理職からほかの職種に転職する場合、どのような選択肢があるのでしょうか。具体的に解説します。

一般事務

経理は、一般事務への転職も可能です。

経理も事務職であり、普段の業務で事務作業をこなしています。

経理から経理以外の事務職へ転職しても、問題なくスムーズに業務に対応できます。

販売・営業

経理は社内外のさまざまな相手と協力しながら仕事を進めています。

そのため、日々の業務のなかでコミュニケーション能力が鍛えられています。

お金の扱いにも慣れているため、販売や営業に転職しても知識を活かせるでしょう。

管理職

職種ではありませんが、管理職を目指すのも1つの選択肢です。

経理として一定以上の経験年数があると、管理職として採用される可能性もあります。

経営に関する豊富な知識と経験をアピールすれば、管理職として収入をアップさせられる可能性もあります。

経理の転職を成功させるためのポイント

経理の転職を成功させるには、さまざまなポイントがあります。ここでは、具体的なポイントについて解説します。

資格を取得する

経理職では資格が必須ではないものの、資格があると知識やスキルを明確にアピールできます。

経理の転職を成功させるためには、簿記2級以上の資格を取得しておくと役立つことがあります。

パソコンのスキルを向上させる

経理はお金を扱う仕事ですが、実際にはパソコンを使って数字を管理する場面が多いです。

特に、Excelや会計ソフトなどを日常的に使用します。

パソコンのスキルを向上させておくと、アピールにつながります。

同じ業界を選ぶ

経理職の場合も、業界内で転職すれば経験が評価されやすいです。

経理は業界を問わず転職が可能ですが、同じ業界の経験をもっている人は即戦力として扱われます。

転職市場では即戦力が求められるため、業界内での転職は特に有利です。

同じ企業規模を選ぶ

スムーズに内定を獲得するには、現在の勤め先と同じ規模の企業を選ぶことも大切です。

企業の規模が違えば、経理の仕事内容にも異なる部分があります。

同じ企業規模なら経験をそのまま活かせるため、活躍しやすくなります。

応募先の社風を理解する

経理職は人柄も重視され、応募先の社風にマッチするかどうかみられています。

応募先の社風を事前に把握しておき、馴染みやすい人材であるとアピールすることが大切です。

コミュニケーション能力を高める

経理職は業務上でさまざまな相手と協力するため、コミュニケーション能力が必要です。

選考においては専門的なスキルや経験だけでなく、協調性もしっかりアピールしましょう。

応募先から、周囲と連携できる人材だと評価してもらう必要があります。

転職エージェントに相談する

転職を成功させるには、経理の転職事情にくわしいエージェントに相談するのがおすすめです。

希望の条件を満たす企業を紹介してもらえます。

特に、経理に特化したエージェントを選ぶと、非公開の求人も紹介してもらえる場合があります。

経理が転職する際に注意すべきこと

経理の転職を進めるうえでは、気をつけるべきこともあります。具体的な注意点を解説します。

競争率は高い

1社あたりの経理の採用人数は、決して多くはありません。

競争率が高いため、ライバルに勝つには強みをアピールする必要があります。豊富な経験やスキルをアピールし、差別化を図りましょう。

経験年数が少ないと評価されにくい

経理の転職を成功させるには、ある程度の経験年数が必要です。

少なくとも3年以上の経験を積んでから転職を検討しましょう。

経験年数が少ない場合、応募条件を満たせない可能性があります。

頻繁に転職を繰り返すと評価が下がる

経理は転職しやすい仕事ですが、むやみに転職を繰り返すのは避けましょう。

転職回数が多いと、何かしらの問題のある人材だと疑われるリスクがあります。

転職を繰り返すほど、内定をもらえる企業の質や待遇が下がる恐れもあります。

経理の転職の成功例

経理の転職に成功した事例は多数あります。ここでは、具体的な成功例を紹介します。

年収アップを目指して転職した事例

ある経理職の20代女性は、スキルと年収の両方をアップさせる目的で転職活動を行いました。

本人の意欲次第でチャレンジできる企業を紹介され、長期的に活躍したいという希望にあう転職先をみつけられています。

長く働き続けるために転職した事例

ある経理職の40代女性は、ワークライフバランスの改善のために転職を決意しました。

転職の条件は、年間休日数を増やし、定年まで無理なく働けることです。

経験を活かせる転職先がみつかり、年収もアップさせられました。

豊富な経験を活かしてキャリアアップのために転職した事例

ある企業の経理部長の50代男性は、さらなるキャリアアップを目指して新たな職場を求めていました。

30年以上の実績と成長に対する意欲をアピールした結果、本人にとって理想的な転職先から内定を獲得しています。

経理・財務専門の転職エージェントが、
自身では探せない非公開求人をご提案
専門人材を多数輩出する
アガルートグループが運営する
経理・財務専門の
転職エージェント
大手人気企業から外資、スタートアップの
非公開求人を多数保有
総合商社
経理
年収
7001,100
自動車メーカー
経理(決算)
年収
510750
コンサルティングファーム
財務・経理
年収
8101,000
大手人材サービス
税務担当
年収
7001,180
大手情報機器メーカー
グローバル会計
年収
500750
PEファンド
投資担当(アソシエイト)
年収
1,2002,000
+特別賞与

会員登録は以下フォームを入力

登録には プライバシーポリシーへの同意が必要です。

CONSULTANT

アガルートキャリア アガルートキャリアは、弁護士・経営人材専門の転職エージェントです。弁護士や法務などのリーガル領域、ファイナンス、マーケティング、事業開発、人事など専門性の高い経営人材のキャリア支援を行っています。

関連記事

弁護士経営人材専門
非公開求人
ご提案します

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle