2021.12.14
経理がスキルアップするために必要な能力や資格

経理がスキルアップを目指すなら、実務経験を積んだり、資格を取得したりする方法があります。

この記事では、経理職としてスキルアップしたい方に向けて、具体的なスキルアップの方法を解説します。

経理の仕事内容

経理の仕事内容は多岐にわたります。

スキルアップするための前提として、まずは経理の仕事内容について解説します。

伝票処理

伝票処理は、企業で日々発生するお金の流れを記録する作業です。

勘定科目に当てはめ、それぞれのお金のやり取りを仕訳していきます。

伝票処理には一定のルールがあるため、専門的な知識が求められます。

決算書類の作成

決算は年に1度、自社の資産や負債の状況を明らかにする手続きです。月次決算や四半期決算を行う企業もあります。

決算を行うために、経理は貸借対照表や損益計算書などの決算書類を作成します。

決算仕訳も行わなければなりません。

支払い・入金確認

経理は企業のお金の流れを追うだけでなく、実際にお金を管理しています。

たとえば、通帳や現金の入出金を確認したり、通帳の入出金に関する書類を銀行へ提出したりしています。

年末調整

年末調整は、社員に支払った給与や賞与を再計算して正確な所得税の金額を算出する作業です。

源泉徴収税との差額を計算し、還付や徴収を行います。

年に1回の作業ですが、税金を正しく納めるために重要です。

経理がスキルアップするために必要なこと

経理がスキルアップするには、さまざまなことが必要です。具体的に解説します。

正確な計算能力

経理は企業のお金を管理する仕事であり、数字を正確に計算する必要があります。

パソコンでExcelや会計ソフトを使う場面が多いですが、場合によっては電卓で自ら計算して確認しなければならないときもあります。

経理として活躍するためには、自分で正確に計算できる能力が必要です。

細かい部分への配慮

経理には、完璧な計算やお金の管理が求められます。

1円でも誤差があれば、原因がわかるまで追求しなければなりません。

状況によっては、原因をなかなか特定できない可能性もあります。

経理の仕事を全うするには、些細なところまで突き詰めて確認する必要があります。

細かい部分まで配慮できる丁寧さが重要です。

粘り強さ

経理の仕事には粘り強さも必要です。

精算業務で計算があわないときも、解決できるまで対応しなければなりません。

請求書の対応においては、相手の都合に振り回される可能性もあります。

そのようなときでも、根気よく取り組んで最後まで対応する必要があります。

経理がスキルアップするためにできること

経理がスキルアップするには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、できることを具体的に解説します。

実務で経験を積み上げる

経理の仕事は専門的であるため、実務経験により知識やスキルを増やす必要があります。

日々の業務にひたむきに取り組むことがスキルアップに直結します。

反省や改善を繰り返しながら成長を目指しましょう。

資格取得を目指す

専門性が高い経理の仕事に関わる資格はたくさんあります。

資格を取得すると、自分のスキルを客観的に証明することが可能です。

転職したい場合も、資格があれば評価される可能性があります。

経理のスキルアップに役立つ資格

経理のスキルアップに役立つ資格はさまざまあります。資格について具体的に解説します。

公認会計士

公認会計士は、簿記、管理会計論、企業法など、経理や経営に関する幅広い知識を網羅している資格です。

経理担当者としてだけでなく、ゆくゆくは経営層として活躍できる可能性もあります。

公認会計士は難関の国家資格であり、取得すれば転職の際に高く評価されるでしょう。士業なので独立も可能です。

日商簿記

日商簿記は、経理に必要な基礎知識を学べる資格です。

1~3級、簿記初級、原価計算初級にわかれています。

経理の知識がある程度あるとみなされるのは、多くの場合、日商簿記2級以上です。

簿記の資格を取得しておけば、転職時に自分自身のスキルや知識を証明するのに役立ちます。

FASS

FASSは経理・財務スキル検定のことであり、経理や財務の実務に必要なスキルを評価するための資格です。

分野が資産、決算、税務、資金の4つにわかれており、5段階評価で結果が出ます。

自分のスキルを客観的に判断するために役立ちます。

IFRS検定

IFRSとは国際会計基準のことです。

IFRS検定は、IFRSの基本的な知識や理解力を確かめるための資格です。

外資系企業をはじめとし、IFRSを導入している企業は年々増加しています。

勤務先がIFRSを導入している場合や、IFRS導入済みの企業への転職を希望する場合は、IFRS検定を受験して資格を取得すると評価につながりやすいでしょう。

税理士

税理士は、税務に関する専門的な国家資格です。

会計科目の2科目と税法科目の3科目が出題されるため、幅広い知識を身につけないと合格できません。

税理士の資格を取得すると税務のスペシャリストとして重宝されます。

経理の転職で有利になるだけでなく、士業としての独立を目指すことも可能です。

BATIC

BATICは、東京商工会議所が主催している国際会計検定です。

英文簿記と国際会計理論について英語で出題されます。

特に、外資系企業や海外への進出を控えている企業の経理として働く場合に役立つ資格です。

USCPA

USCPAとは、米国公認会計士のことです。

英語で出題されますが、日本の公認会計士試験よりも難易度は低いといわれています。

国際的にビジネスを展開する企業で経理として活躍したいなら、BATICとあわせてUSCPAの取得も目指すと効果的です。

経理でスキルアップした場合の将来性

経理でスキルアップに成功すれば、より幅広いキャリアパスを実現できます。

経理は企業にとって重要な仕事であり、どの企業にも存在します。

経理の仕事のなかにはAIによる自動化が可能な部分もあるものの、最終的には人によるチェックが必要です。

経理職として高い能力があれば、将来的にも活躍できる場面がたくさんあるでしょう。

スキルアップで目指せる経理のキャリアパス

経理としてスキルアップすると、どのようなキャリアパスを目指せるのでしょうか。具体的なキャリアパスについて解説します。

経理主任

経理主任は、経理の現場をまとめるポジションです。

一般の経理担当者の上に立ち、管理や指導を行うので、経理職としてある程度以上の経験を積んでいる人が抜擢されます。経

理職でスキルアップすれば、経理主任として責任のある仕事を任される可能性があります。

IR部門

IR部門は、自社の利害関係者に対して、経営や財務の状況に関する情報提供を行う部署です。

経理で経験を積めば、財務諸表の見方も身につけられます。

経営や財務の状況を読み取ったり分析したりするスキルを身につけておくと、IR部門での活躍も可能です。

経営企画

経営企画は、事業計画を立案したり、組織の再編を検討したりする部署です。

M&Aを主導する場合もあります。

経理の経験により経営に関する理解を深められれば、経営企画として自社の経営に関わることも可能です。

他企業への転職

経理職としてのスキルアップを目指すなら、他企業へ転職するのもひとつの方法です。

一定以上のスキルがあれば、給与水準が高い大企業や外資系企業への転職も目指せます。

本人の実力次第によっては、外資系企業へ転職できる可能性もあります。

CONSULTANT

アガルートキャリア アガルートキャリアは、弁護士・経営人材専門の転職エージェントです。弁護士や法務などのリーガル領域、ファイナンス、マーケティング、事業開発、人事など専門性の高い経営人材のキャリア支援を行っています。

弁護士経営人材専門
非公開求人
ご提案します

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle

関連記事

弁護士経営人材専門
非公開求人
ご提案します

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle