2021.05.28
弁護士事務所の数と過去5年間の推移

日常的に法律事務所に行く方は少数でしょう。

法律事務所が身の回りにあっても、認知していない方がほとんどなのではないでしょうか。

実は、日本には約17,000軒の、東京都内では約7,000軒の法律事務所が存在しています。

この記事では、弁護士事務所や弁護士法人の数と、過去5年間(2015~2019年)の推移を解説します。

弁護士事務所の数

日本には2019年3月31日現在、17,252軒の弁護士事務所があります

以降で、

  • 弁護士法人数
  • 都道府県別の弁護士事務所数
  • 規模別の弁護士事務所数

を解説します。

弁護士事務所と弁護士法人の違い

この記事に出てくる「法律事務所」と「弁護士法人」は意味が異なります。

弁護士事務所は弁護士が法律事務を業として行うための事業体です。法律事務所と呼ぶこともあります。

弁護士法人は弁護士業務を行うことを目的とする法人で、2002年4月に設立が認められました。

弁護士法人になると、弁護士事務所を複数開設できます。

▶弁護士事務所・法律事務所・弁護士法人の違い

弁護士法人の数

弁護士法人の数は1,302軒で、全弁護士事務所の約7%程です(2019年3月31日現在)。

弁護士法人以外の弁護士事務所の数の割合が圧倒的に多いことがわかります。

都道府県別の弁護士事務所の数

都道府県別の弁護士事務所数はランキングにし、上位5地域と下位5地域を抜粋して紹介します。

都道府県別の弁護士事務所の数が多い上位5都道府県は以下の通りです。

東京を筆頭としていずれも人口の多い都市部の都道府県です。

順位 地名 事務所数
1位 東京都 6,817
2位 大阪府 2,073
3位 愛知県 994
4位 神奈川県 835
5位 福岡県 656

都道府県別の弁護士事務所の数が少ない下位5都道府県は以下の通りです。

鳥取県が最も少なく、人口の少ない地方は弁護士事務所の数も少なくなる傾向にあります。

順位 地名 事務所数
43位 山梨県 62
44位 島根県 58
45位 秋田県 57
46位 徳島県 53
47位 鳥取県 36

弁護士事務所数の推移

2015 2016 2017 2018 2019
弁護士事務所数 15,331 15,829 16,284 16,720 17,252

弁護士事務所の過去5年間の数の推移をグラフと表でまとめました。

2014年~2019年の5年間において、弁護士事務所の数は毎年450~500軒前後増加しています。

次項で、

  • 弁護士法人数の推移
  • 規模別の弁護士事務所数の推移
  • 都道府県別の弁護士事務所数の推移

を解説します。

弁護士法人数の推移

2015 2016 2017 2018 2019
弁護士法人数 929 1,035 1,134 1,217 1,302

2014年~2019年の5年間において、弁護士法人数は毎年90軒前後増加しています。

弁護士事務所を法人化することで支店を開設することが出来るため、弁護士事務所の大規模化や弁護士の少ない地方への弁護士サービスの提供が期待できます。

規模別の弁護士事務所の数の推移

規模 2015 2016 2017 2018 2019
1人 9,125 9,404 9,689 10,038 10,374
2人 2,751 2,934 2,990 2,968 3,145
3-5人 2,471 2,489 2,546 2,638 2,650
6-10人 677 693 736 746 751
11-20人 221 217 228 232 230
21-30人 47 54 56 52 58
31-50人 21 20 21 27 26
51-100人 9 8 8 8 7
101人以上 9 10 10 11 11

※グラフは1人事務所、2人事務所、3-5人事務所、6-10人事務所を抜粋して作成しています。

先述した通り直近5年間(2014年~2019年)において弁護士事務所の数は毎年500軒前後増加しています。

増加している弁護士事務所は1~2人事務所が多く、11人以上の規模の事務所数に大きな変動は見られません。

都道府県別の弁護士事務所数の推移

都道府県別の弁護士事務所の数が多い上位3都道府県における数の推移は以下の通りです。

いずれの都道府県も毎年数が増えています。

 地名 2016 2017 2018 2019 2020
東京都 6,037 6,267 6,476 6,768 6,817
大阪府 1,841 1,905 1,976 2,015 2,073
愛知県 920 940 959 986 994

都道府県別の弁護士事務所の数が少ない下位3都道府県における数の推移は以下の通りです。

いずれの都道府県も増えても微増で、前年に比べて減少している年もあります。

 地名 2016 2017 2018 2019 2020
秋田県 58 59 59 57 57
徳島県 51 53 52 52 53
鳥取県 33 34 37 37 36

参考:弁護士以外の士業の法人数

  • 税理士法人:4,197
  • 社会保険労務士法人:1,934
  • 司法書士法人:741
  • 行政法書士法人:571
  • 特許業務法人(弁理士):307
  • 土地家屋調査士法人:262
  • 監査法人(公認会計士):245

参考として、弁護士以外の士業の法人数は上記の通りです(2019年3月31日現在)。

弁護士法人(1,302)より多いのは税理士法人と社会保険労務士法人です。

税理士と社会保険労務士は大企業を顧客とする場合に個人では対応できないため、法人化を必要とする傾向にあると考えられます。

この記事で使用したデータについて

この記事のデータは、日本弁護士連合会発表の、

を使用し、グラフは独自に作成しています(グラフ作成日:2021年5月28日)。

CONSULTANT

アガルートキャリア アガルートキャリアは、弁護士・経営人材専門の転職エージェントです。弁護士や法務などのリーガル領域、ファイナンス、マーケティング、事業開発、人事など専門性の高い経営人材のキャリア支援を行っています。

弁護士経営人材転職なら
アガルートキャリアに
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle

関連記事

弁護士経営人材転職なら
アガルートキャリア
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle