転職ノウハウ2021.05.25
法務の転職市場動向と市場価値を高める方法

この記事では、リーガル領域、経営人材専門の転職エージェント「アガルートキャリア」のコンサルタントが、法務領域の転職市場の動向について解説しています。

市場動向だけではなく、現在法務として働く方がキャリアアップする方法も解説しています。

最後まで読んでいただくと、法務領域の転職市場の概略、キャリアアップする方法が理解出来るようになっています。

法務の転職市場動向

2020~2021年は、コロナウィルスの影響もあり、転職市場に大きな動きがありました。

特に2020年の春~秋は、市場全体の求人数は落ち込んでいました。特にここ数年活況であった若手人材を対象にした未経験の求人が激減しました。

そんな中、法務の転職市場は堅調に推移しており、特に落ち込みがあったわけではありません。法務以外の管理部門と呼ばれる領域も比較的堅調に推移しています。

コロナウィルスの感染拡大によって、飲食や旅行などの業界は大きな影響を受け、求人も激減しましたが、

  • グローバルに事業を展開する製造業
  • ヘルスケア・製薬会社
  • IT関連企業(システム~コンテンツまで幅広く)
  • 商社

など、法務のポジションを積極的に募集するような業界、企業はむしろコロナによって業績を伸ばしていることも多く、事業展開を支える法務の求人も堅調に推移しました。

デジタルトランスフォーメーション、IoT、AIなどテクノロジーの普及、事業のグローバル展開など、事業の複雑さが増す一方で、企業には安定したコンプライアンス・ガバナンスが求められています。こうした背景から、法務の転職市場は今後も堅調に推移すると予想できます。

また、法務ポジションに限ったことではありませんが、FinTech(フィンテック)、LegalTech(リーガルテック)、HealthTech(ヘルステック)など、テクノロジーと特定領域が結びつき、新たなサービスが急速に伸びています。

こうした業界の垣根を超え、横断するような事業が増えているため、異業種での経験(IT/テクノロジー)が求められることも増えています。

▶未経験者の法務への転職が難しい理由と、あきらめたくない人へのアドバイス

法務担当者が市場価値を高めキャリアアップする方法

今後も堅調に推移していくことが予想される法務の転職市場の中で、市場価値を高めキャリアアップするにはどうすればよいのかを解説します。

実績・経験

面白くないかもしれませんが、まずは、目の前の業務で法務としての実績・経験を積むことです。

市場価値・キャリアアップといった話をすると何か特別なことをやらなければいけないように感じるかもしれませんが、決してそんなことはなく、日々の業務にしっかりと取り組み実績・経験を積むことが、結果として市場価値を高め、キャリアアップに繋がります。

漫然と取り組むのではなく、より効率的に仕事をするにはどうすればよいか?上司や協同するパートナー、所属する組織に良い影響を与えるにはどうすればよいかを考えながら取り組めるとよいでしょう。

そして大事なのは、その実績・経験を言語化することです。

法務の仕事は成果を数字で表現するのが難しいことも多いですが、取り扱った案件の数、年数や規模感など数字で表せるものは極力数字で言語化しておくようにしましょう。

定性的であったとしても工夫してやったこと、改善した取り組みは言語化しておきましょう。

「転職するわけじゃないし。。」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、こうした業務の振り返りは、転職しないにしても自身の仕事の成果を高める意味でも有用です。

ビジネスサイドへの理解・コミュニケーション

「法務」というと、専門分野なので法律への知識、契約等の業務ができればよいと考える方もいらっしゃるのですが、ビジネスや契約の背景を理解したうえで、業務が出来るか否かは極めて重要です。

新しい事業やサービスを始めるためのリーガル面での支援を求めて求人は多く、事業の背景を理解しておくことで、事業担当者が想定していないようなリスクを予測したり、トラブルを回避するような動きが求められます。

そのため、どういった目的や背景でビジネスを行っているのかを正確に把握するコミュニケーション力も求められます。

必ずしも法務面での知識が豊富でない人とも的確にコミュニケーションしていく力が重要です。

  • 自社のビジネスはもちろん関連ビジネスに対する関心を持ってインプットすること
  • 日々の業務で法務部署以外とのコミュニケーションを円滑にするよう取り組む

ことが市場価値を高めることにつながります。

業界の知見

転職市場においては、業界への知見も求められます。

不動産、金融、製造業(自動車etc..)など特定の業界での実務経験を求められる求人は多いです。

転職市場動向で述べたような業界をまたがる事業も増えてきており、IT企業が金融の法務経験がある人材を募集するといった求人も増えています。

経験を積めば積むほど、業界への深い知見が求められますが、若手であれば業界知識はそれほどでなくとも、一定の法務としての経験があり、学習意欲があれば選考の土台にのることもできます。

英語

定番ですが、英語力も市場価値を高めるには有用です。

国際法務や英文契約が仕事内容に含まれる求人も非常に増えており、英語力があることは大きなアドバンテージになります。

ただ誤解してほしくないのですが、英語だけ出来ればいいわけではありません。法務としての仕事が出来る上で、英語力を身につけることが重要です。

また転職市場では、TOEICなどのスコアは一つの指標にはなりますが、英文契約を扱っていた経験のほうが評価対象になります

市場価値を高める、キャリアアップという視点では、もし今の環境で英文契約や国際法務に関与出来るチャンスがあるのであれば、積極的にトライしましょう。

そうした経験を積んだ上でTOEICで高スコアを取ると評価されやすいです。あくまで実務経験を積むことを優先し、TOEICなどは補完してくれるものだと考えましょう。

マネジメント経験

組織のマネジメント経験は非常に重要です。

キャリアアップを年収アップと考えるのであれば、プレイヤー・メンバーでは年収には限界があり、一定水準を超える年収を得るためにはマネジメントポジションになる必要があります。

マネジメント経験がない方が転職によっていきなりマネジメントポジションにつけることは多くありません。

メンバー・プレイヤーから入って、マネジメントポジションになることはありえます。

今の環境でマネジメントが出来る可能性があるのであればそれを目指す、規模的にマネジメントは不可能なのであれば、将来的にマネジメント経験を積める可能性のある企業に転じるのもの一つの選択肢です。

上記は一般論で具体的な展望があれば、アクションも具体的に

上記の内容は、すべてを完璧に出来る必要はないですし、転職をするにしても、当然求人によって求められる経験や能力は異なるので、あくまで一般論です。

具体的に、「こういう仕事がしたい」「特定業界で仕事がしたい」といった希望があれば、やるべきこと、経験しておくべきこと、スキルはより具体的になります。

「具体的にキャリアの展望が決まっているがどうすべきか」「ボヤッとある場合どうすべきか」などの相談も可能です。

お気軽にご連絡ください。

▶法務の年収相場と年収を上げる方法

法務の転職はアガルートキャリアにご相談ください

アガルートキャリア(運営:株式会社ファンオブライフ)」は、弁護士や法務スペシャリスト、経営人材を専門とする転職エージェントで、多くのリーガル人材の転職・キャリア支援を行っています。

筆者は特に法務の領域でのキャリア支援を行っています。

特定領域に強い転職エージェントだからこそ、

  • 商社・金融・ITなどの様々な業界
  • 日系の大企業から外資、スタートアップまで幅広い企業フェーズ
  • 役員、管理職クラス~未経験メンバー対象まで

など、リーガル領域のキャリアの豊富な選択肢を用意しています。

法務ポジションの求人は、募集人数・頻度ともに多くないため、最新の情報を常にアップデート出来る専門エージェントと関係性を構築しておくことをおすすめしています。

今すぐでなく、中長期のキャリアもぜひご相談ください

弊社との面談はすべて無料です。

面談を行って頂いたからといって、すぐに求人に応募しなければいけないわけではありません。

今後の展望を伺い、中長期でご支援が可能です。

条件の良い募集は、タイミングが限られていることも多いため、常に情報を仕入れておくことが、転職活動成功のポイントです。

とはいっても、常に転職サイトを見たり、エージェントとお会いしたりする手間ですし、その必要もありません。

弊社は面談依頼頂いた方限定で、保有する求人の中から相性の良いものや新着求人を紹介するメールを定期的にお送りしております

そういった情報を参考にして頂き、より良いキャリア構築の一助にして頂ければと思います。

お気軽に以下のフォームよりご相談ください。

アガルートキャリアのSNSアカウントでも、一部ではありますが定期的に求人情報を配信していますので、そちらもよろしければフォローください。

▶LinkedIn

▶Facebook

▶Twitter

CONSULTANT

岩﨑 隼也 前職はコンサルティングファームにてクライアントの人材育成・研修に従事。現在は、弁護士や法務などのリーガル領域を専門とするシニアコンサルタント。法律事務所、インハウス、大企業やスタ-トアップの法務ポジションの豊富な情報、業界知識でリーガル人材のキャリア支援を行っている。

弁護士経営人材転職なら
アガルートキャリアに
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle

弁護士経営人材転職なら
アガルートキャリア
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle