転職ノウハウ2020.08.17
総務の仕事とは?求められるスキルや能力は?

総務の立ち位置とは

総務は、会社を組織として円滑に動かすために社員を一つにまとめるポジションです。

会社によっては、部署や現場、経営陣といった立場を越えて社内のすべての人をつなぐ唯一の存在であることもあります。

営業のような、顧客に対して提案を行うようなことはありませんが、社内に関連する業務には広く精通する必要があります。

総務の仕事とは

総務は主に、他の部署では扱わない重要な仕事を行います。

具体的な内容は、固定資産や備品・消耗品の管理、受付業務、福利厚生業務、安全衛生管理、株主総会など全社で行うイベントの企画、データ集計、給与計算など、多岐にわたります。

人事採用や広報、経理などの担当部署がない企業では、総務がこれらの仕事を担当する場合があります。

いわゆるバックオフィス関連業務を全て担うことが多いです。規模の少ない会社では、業務内容は多岐に渡りオールラウンドな活躍が求められます。

一方で大きな企業の総務には、株主総会、オフィスの移転など影響度の大きな仕事での活躍が求められます。規模が大きくなるにつれ、なんでもやるというオールラウンダーの要素は薄れ、専門性が高まります。

総務の仕事に必要なスキル・経験は?

上に書いたように、総務と言っても様々な業務があり、企業によっても業務内容は異なります。

従って、総務に必須な資格やスキルを特定することは難しいです。

求人を行っている企業の総務がどのような仕事をしているのかをあらかじめ調べ、どういった人材を求めているのか知る必要があるでしょう。

経理関連の仕事やスケジュール調整を含めた業務を担当することになるのであれば、秘書検定や簿記検定などの資格が役にたつでしょう。

社内でのやり取りを円滑に行うための交渉力やコミュニケーション力、急な仕事を任されたときの対応力や、周りを見て、自ら判断し動く判断力と行動力はどんな企業でも求められると言えるでしょう。

総務になるためにスキルを得るというよりは、経験を通して得た能力を活かすという方が合っています。

ただ、上述したような1,000名規模の会社のオフィス移転との経験、1,000名以上収容する規模での株主総会運営経験など、大企業での総務募集ポジションは、具体的な経験・要件が募集に設定されていることも多くなります。

士業管理部門転職なら
アガルートキャリアに
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle

関連記事

カテゴリから記事を探す

他業種の記事を見る

士業管理部門転職なら
アガルートキャリア
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle