転職ノウハウ2020.08.17
中途採用担当に転職!どんな求人や募集がある?必要なスキルや経験は?

中途採用担当のポジションはどんな仕事をする?

中途採用業務は、企画、教育・研修、評価、労務、採用といった人事領域の仕事のひとつです。

採用業務の中でも、社会人経験を持ったキャリア人材の採用を行うのが中途採用担当のポジションです。

採用担当は、社内の組織・人材の状況を踏まえた採用計画の策定や、それに基づいた社員の採用、各種採用イベントの企画・運営などに携わります。

中途採用では、ヘッドハンティングや人材紹介会社を通じての紹介、人材データベースからのスカウトなど、新卒採用以上に様々な採用チャネルが存在します。

また、新卒のポテンシャル採用とは異なり、募集ポジションとのスキルマッチに注目して採用を行う、という点も特徴的です。

具体的な業務としては、次のようなものが挙げられます。

  • 採用計画の策定、戦略立案
  • 採用施策の実施(採用支援サービスの利用、採用イベント開催、採用広報など)
  • 応募者への対応、選考業務

企業によっては、中途採用以外の業務を兼任することや、将来的なキャリアとして他の人事業務に携わることが期待されている場合もあります。

中途採用担当に求められるスキルや経験は?

中途採用のポジションの募集では、中途採用業務の経験や、人材業界・人材コンサル業界での職務経験が評価されることが多いです。

中途採用の業務には、高い情報感度が求められます。企業の中途採用担当者として、転職市場や競合他社の状況について、常に最新の情報をアップデートしておくことが重要です。

また、採用戦略の立案においては、会社組織の状況に応じて採用ターゲットの人物像やスキルなどを定め、具体的な採用計画に落とし込む必要があります。

現在の組織に何が不足しているのか、どのような人材を採用すればよいのか、といったことを正確に見極め、判断する力が求められます。

リクルーティングイベントの運営や、応募者との面談・面接を担当する場合もあり、コミュニケーション力やプレゼンテーション力なども必要となるでしょう。

士業管理部門転職なら
アガルートキャリアに
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle

関連記事

カテゴリから記事を探す

他業種の記事を見る

士業管理部門転職なら
アガルートキャリア
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle