2022.03.10
「人事の仕事はつまらない」と言われる理由

人事の仕事がつまらないと言われることがありますが、人事のやりがいはたくさんあります。

この記事では、人事がつまらないと言われる理由に加え、人事のやりがいや会社における重要な役割などを解説します。

人事がつまらないと言われる理由

まず最初に、人事がつまらないと言われる理由をいくつか挙げて、解説します。

成果を出しても報酬があまり変わらない

人事の仕事の特性上、成果を出しても報酬が上がりにくいことがあげられます。

営業職の獲得や売上などの数字でのわかりやすい評価と比較して、人事の仕事はあくまでも会社組織の労働環境をより良くすることです。

企業の競争力向上につながる優秀な人材が働くためのサポートがメインであることから、成果や報酬で評価されにくいといえます。

仕事内容が一貫している

人事の仕事は年間のスケジュールが一貫しており、年によって変わることはほとんどありません。

上司から新しく仕事が割り当てられたとしても、同じような業務が多いです。

同じような作業が続き難易度が低いと、やりがいを感じにくくなるのかもしれません。

人間関係に新鮮さがない

人事は社内の人間関係がほとんど変わらないことが多いため、新鮮さを感じにくいとおっしゃる方もいます。

新入社員が人事に配属されるようなことは稀で、メンバーの入れ替わりはほとんどありません。

長く所属しているメンバーも、ポジションチェンジが少なく、長年変わらず同じ業務を行っているケースが多くあります。

仕事自体に正解がなく改善策が見つからない

人事は人と関わる業務のため、仕事そのものに正解がありません。

それゆえに、改善策を見つけにくいといえます。

仕事のスタイルは常に変化するので、時代に沿ってやり方を見直す必要はあります。

しかし、人事の仕事がブラックボックス化していることもあり、外部からの指摘もされず、なかなか難しいのが現状です。

仕事の役割がわからずやりがいを感じられない

人事の仕事は外からでは内容や成果がわかりにくい業務も多くあります。

成果が目に見えないと、評価されていないと感じてしまいます。

そのため、自分の仕事が何の役に立っているのかわからなくなり、やりがいを感じられなくなる場合もあるかもしれません。

▶攻めの人事「HRBP(HRビジネスパートナー)」とは

人事の仕事のやりがい

人事の仕事がつまらないといわれる一方で、やりがいも多くあります。

従業員の成長を身近に見られる

人事は、従業員それぞれと関わることができます。

特に採用担当であれば、入社時から定期的な研修まで継続的にサポートするなど深く関わるため、身近で成長を感じることができるでしょう。

採用した社員が仕事で活躍している姿を見られるのは人事の醍醐味です。

採用時に関わることで信頼を得られ、直属の上司には話しづらい内容を相談してもらえる場合もあります。

スキルをうまく発揮できていない社員を適した部門へ異動させ、一人ひとりの能力を引き出すのもやりがいです。

優秀な人材だとみられやすい

人事は優秀な人材とみなされることが多いです。

人事は会社の顔であり基盤であり、それなりに能力がないと務まりません。

社外や社内の上層部との円滑なコミュニケーションも求められるため、優秀な人材が配属される傾向にあります。

人事部に配属されたということは、信頼できる人材として評価されていると思ってよいでしょう。

社内改革の中心として働ける

人事部は会社の規定を管理している部署であり、働く環境、働き方を改革することも可能です。

人事には苦情などの意見が集まりやすく、会社の改善点を把握できます。

その情報を参考にすることで、社内規定の改定や研修の実施などの検討にも役立ちます。

働き方改革が求められている今、全従業員の働き方を変えることができるのは人事部だけです。

社内改革で社員の満足度が向上すれば、離職率の減少にもつながります。

マネジメントスキルが身に付く

人事部にいると、優秀な社員やスキルアップした管理職の影響による業績の成果を目前にする機会が多くあります

人事戦略やスキルアップ施策が会社の成長に直結し大きく左右することを実感するため、経営目線になって事業戦略の把握を意識するようになります。

また、人事は社内外の経営層や管理職とコミュニケーションをとる機会が多くあり、さまざまな知識やマネジメントスキルを身に付けることが可能です。

▶人事の年収相場と年収を上げる方法

会社内における人事の重要な役割

人事がつまらないと言われる理由とやりがいを説明しました。

ここからは、会社内における人事の重要な役割を解説していきます。

会社内における人事の役割として、

  • 採用業務
  • 社員の教育や研修
  • 人事考課や人事評価
  • 労務管理

などがあります。

以下でそれぞれを詳しく解説します。

採用業務

人事は会社の顔として、大学や人材業界(転職エージェント等)と一緒に採用活動を行います。

新卒・中途採用の募集から書類選考、面接、採用まで一連のプロセスが採用業務です。

会社の事業戦略やブランディングを踏まえて情報発信し、採用スケジュールを計画します。

会社が求める人物像やスキルをもつ採用候補者に魅力を感じてもらえるような採用活動が必要です。

社員の教育や研修

採用した社員の教育や研修をするのも人事の仕事です。

事業計画に基づいた内容で教育や研修を行います。

社員が会社が目指すものに共感し、日々の仕事に取り組めるような環境づくりが必要です。

状況に応じて専門スキル研修を開催するなど、社員のモチベーションを引き出します。

定期的な面談を設けて仕事の不安を取り除いたり、社員それぞれのキャリア思考をヒアリングしたりするのも人事の仕事です。

人事考課や人事評価

社員の業務の成果を元に実際に評価をするのは直属の管理職であることが多いですが、人事がまったく関わらないことは少ないです。

人事評価の制度の策定や見直しも人事の仕事です。

人事評価は社員のモチベーションに大きく影響するので、優秀な人材の離職を防ぐためにも非常に重要な仕事といえます。

労務管理

人事は、労務管理を行うこともあります。

労務管理とは、給与や福利厚生、雇用保険の手続きなど、社員の働く環境を法律・規制にもとづいて管理することです。

労務管理の仕事は定型した手作業の業務が多いイメージですが、最近は自動化が進み効率化されている企業が年々増えています。

▶人事の転職におすすめのエージェント12選

人事に必要なスキル

先で解説してきた通り、人事には優秀な人材が配属される傾向にあります。

ここでは、具体的にどのような能力やスキルが人事に求められるのかについてご紹介します。

コミュニケーション能力

人事は社内外の多くの人と関わる会社の顔となる重要な職種であるため、高いコミュニケーション能力が求められます

相手の意見に耳を傾け、会社の情報を正しく伝える能力は必須です。

社員はもちろんのこと、経営者・管理職とやりとりする機会も多く、さまざまな立場の人と状況に応じたコミュニケーションをとれる能力が必要です。

スケジュール管理能力

人事は、年間、時には1年以上先のスケジュールまで計画します。

イベントまでの期間やタスクを逆算してスケジュールを計画する能力が求められます

また、社内外で関わる多くの人とのスケジュールも管理する必要があるため、効率的に業務をこなしていくためには不可欠な能力です。

法律の知識

人事の仕事は幅広く、入社から退職までのさまざまな手続きや、時にはトラブルの対処もします。

このような業務は法律に則って対応する必要があるため、労働関係や社会保障関連など最低限の法律の知識が必要です。

一例として、労働時間や賃金など、労働者の権利の基盤となる労働三法があげられます。

近年ではマイナンバー法や若者雇用促進法などの知識も求められるようになってきています。

文章作成力

人事の仕事は社内外問わず文章を作成する機会が多くあります。

社外では求人募集、社内では社内通達の案内など、状況に応じた文章作成スキルは不可欠です。

求人案内では自社の魅力を表現して求める人物像が興味をもつような内容を、社内通達では内容や状況に応じた言い回しで適切に伝えるスキルが求められます。

▶未経験から人事に転職する方法

人事専門の転職エージェントが、
自身では探せない非公開求人をご提案
専門人材を多数輩出する
アガルートグループが運営する
人事専門の
転職エージェント
大手人気企業から外資、スタートアップの
非公開求人を多数保有
総合商社
人事
年収
8001,500
自動車メーカー
採用担当
年収
450750
電子部品メーカー
人事
年収
550700
大手メディア
デジタル人材採用
年収
550800
ヘルスケア
人事企画
年収
500900
HR系スタートアップ
CHRO候補
年収
1,0001,800

会員登録は以下フォームを入力

登録には プライバシーポリシーへの同意が必要です。

CONSULTANT

アガルートキャリア アガルートキャリアは、弁護士・経営人材専門の転職エージェントです。弁護士や法務などのリーガル領域、ファイナンス、マーケティング、事業開発、人事など専門性の高い経営人材のキャリア支援を行っています。

関連記事

弁護士経営人材専門
非公開求人
ご提案します

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle