2021.01.05
攻めの人事「HRBP(HRビジネスパートナー)」とは

企業の発展に必要な存在として「HRBP」が注目されています。

HRBPという言葉に馴染みのない方も多いでしょう。

HRBPは人事業務の一形態ですが、業務の内容は従来の人事と大きく異なります。

この記事ではHRBPの仕事内容やHRBPが求められる背景などHRBPの存在意義を紹介します。

HRBPとは

HRBP(エイチ・アール・ビー・ピー)とは企業戦略に沿った人事戦略を構築・運用するという経営関与的な人事業務です。

HRはHuman Resources(ヒューマン・リソーシズ)の略であり、一般的に人事業務を指します。

BPはBusiness Partner(ビジネス・パートナー)の略で多義的な意味を持ちますが、ここでは共同参画者的な存在を指します。

HRBPはHRビジネス・パートナーと呼ばれる場合もあります。

HRBPと人事の違い

  • HRBP:経営戦略に沿って行う経営関与的人事業務
  • 一般的な人事:経営者から受けた指示に沿って行う従業者的人事業務

HRBPと一般的な人事の違いは上記です。

HRBPも広い意味では人事業務の一形態といえます。

例えば、一般的な人事業務は、将来的に中国に出店をするという経営判断に基づき、中国語が話せる人材を採用して欲しいという経営者の指示を受けて採用活動を行います。

一方でHRBPは中国に出店するという経営判断と共に、中国語が話せる人材の採用も並行して行います。

このようにHRBPの存在には一般的な人事よりも迅速かつ円滑な事業活動が期待されています。

HRBPの仕事内容

HRBPの仕事内容は経営関与的な人事業務です。

具体的には企業の経営判断に基づき、どのような人材を採用しどのような人材を育成していく必要があるのかといった人事戦略の立案をし、そのための人事制度を構築・運用します。

例えばグローバルな事業展開を経営戦略として掲げている企業などは、OJTとして海外の現地法人への出向を組み入れることがあります。

海外の現地法人への出向により日本とは異なる言語や文化への対応力を有する人材育成が可能となり、海外進出という経営戦略の実現に貢献できるためです。

このようにHRBPは一般的な人事業務とは異なり、人事戦略の立案や人事制度の構築をも行います。

HRBPが求められる背景

HRBPが求められる背景は、人事戦略が企業戦略にとって重要であることが再認識されたことにあります。

例えば先に例示した中国に出店するという経営判断の実現には中国語が話せる人材が必要です。

ここで、中国に出店するという経営判断が下されてから採用や人材教育をするのでは経営判断が下された時期によってはまるまる1年始動が遅れることがあります。

経営判断に基づき人事業務をするという守りの人事から、企業戦略を踏まえた人事戦略を構築し運用するという攻めの人事(戦略人事)への転換が企業の発展速度を加速させると考えられています。

HRBPになるには

HRBPになるには、一定の「経験」と「能力」が必要です。

HRBPは経営関与的な人事業務であるため、人事業務「経験」に加えて企業経営「能力」が要求されるからです。

HRBPに必要な経験

HRBPに必要な経験は人事業務経験です。

企業戦略に沿った人事戦略を構築するには採用や教育といった人事業務がいかなるものかを理解していることが前提となります。

HRBPは人事のプロフェッショナルであることが望ましく、人事業務経験は必須と言えるでしょう。

HRBPに必要な能力

HRBPに必要な能力は、企業経営能力です。

より具体的には

  • 現状把握能力
  • 将来予測能力
  • コミュニケーション能力

と言えます。

企業戦略に沿った人事戦略の構築には、業界や企業の現状を把握し(現状把握能力)、将来の予測をすること(将来予測能力)が必要です。

その上で立案した人事戦略の構築・運用には、取締役等の経営者や社内の様々な部署の担当者との連携が必要です。

これらの理由からHRBPには企業を発展させるというリーダーシップの下に社内の人間を動かすことができるコミュニケーション能力が必要です。

まとめ

  • HRBPとは人事戦略を構築・運用する経営関与的な人事業務のこと
  • HRビジネスパートナーとも呼ばれる
  • 人事戦略が企業戦略にとって重要であることが再認識されHRBPが注目されている

HRBPは今後より需要が高まると予想されます。

HRBPの業務は企業戦略に沿った人事戦略の構築・運用です。

企業戦略に沿った人事戦略の構築・運用により企業の発展速度の向上に貢献します。

また、グローバル社会に対応した海外進出を円滑に行うことにも貢献するとも言えるでしょう。

人事への転職でアガルートキャリアを活用するメリット

弊社「アガルートキャリア(運営:株式会社ファンオブライフ)」は、人事などの管理部門を専門とした転職エージェントです。

転職活動において、弊社を活用するメリットをご紹介します。

独自の求人をご紹介可能

人事など管理部門に特化した転職エージェントだからこそ、国内外大手企業(メーカー、商社、IT等)、スタートアップなどの豊富な求人をご紹介可能です。

  • HRBPやCHRO
  • 採用責任者、新卒採用責任者
  • 組織の立ち上げや人事制度企画
  • 年収1,000万円以上
  • 人事未経験からスタート出来る人事ポジション

などなど経験やご希望年収、働き方など様々な要望に応じた求人をご紹介しています。

豊富な実績をもとにした書類作成・選考対策のサポート

人事など、管理部門の求人募集は、一般的に書類選考・面接などの選考の通過難易度が非常に高いです。

特に人事は希望者が多く、選考の倍率も高くなりやすく、選考のハードが特に高いのが特徴といえるでしょう。

そうした、専門性の高い募集だからこそ抑えるべきポイントやコツがあります。

そうした書類の作成や選考対策を領域専門のアドバイザーがサポートしています。

相談は無料です。今すぐでなく、中長期のキャリアもご相談ください

弊社との面談はすべて無料です。

面談を行って頂いたからといって、すぐに求人に応募しなければいけないわけではありません。

ご要望やタイミングに合わせて転職活動の開始時期等もアドバイスさせて頂き支援しております。

面談依頼頂いた方限定で、弊社保有求人を紹介するメールを定期的にお送りしております

条件の良い募集は、タイミングが限られていることも多いため、良いものがあれば動きたいと考えている方には有用ではないかと考えております。

今すぐではないが、今後転職も視野に入れているという方の相談も歓迎しております。

お気軽にフォームよりご相談ください。

事前準備が転職活動成功のカギ!枠数限定で面談を行っています

納得でき、条件面でも恵まれた転職を実現するには、

  • 情報収集
  • 選考対策

の2つが必要不可欠です。

弊社の感覚値ですが、90%以上の方の準備が不足しています。

  • 良い機会(求人)があるのにその情報にアクセスできなかった
  • レジュメ、選考の準備が不足しており見送りになってしまう

といった方々を多く見てきています。

特に管理部門などのプロフェッショナル人材のポジションは、募集が少なく、埋まってしまうことも多いため、情報感度を高く保ち良い機会があったときにフットワーク軽く動ける必要があります。

とはいっても、常に転職サイトを見るようなことは非常に手間ですので、弊社のような特化型エージェントをうまく活用いただければと思います。

一度ご面談頂き、ご経歴やご要望をいただければ、良い求人が公開された際に優先してご案内致します。

少数精鋭の専門アドバイザーが面談を行うため、面談数は限定で行っています。

面談ご希望の方は、お早めに以下のフォームよりご相談ください。

WRITER

アガルートキャリア編集部 アガルートキャリアの編集部です。転職やキャリアに関する情報を更新します。

士業管理部門転職なら
アガルートキャリアに
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle

関連記事

士業管理部門転職なら
アガルートキャリア
お任せください

以下フォームからお問い合わせいただけます

Triangle Triangle